千葉県立中央博物館

千葉の県立博物館各館リンク
 
> 千葉県立中央博物館> 当館の活動> 刊行物> 研究報告> 千葉県立中央博物館自然誌研究報告目次 
おでかけ前に
 

おすすめコンテンツ

生態園房総のやまフィールドミュージアム千葉の県立博物館デジタルミュージアム
 
収蔵資料検索
 
メールマガジンのご案内中央博サークル
 

刊行物-研究報告

 

見出し千葉県立中央博物館自然誌研究報告目次

Journal of the Natural History Museum and Institute,Chiba
 
・第1巻 第1号(1990年3月)
著者TITLEダウンロード
高橋直樹銚子半島先白亜系愛宕山層群の地質―岩相記載と形成過程に関する考察―pdfファイルダウンロード
上野輝彌・近藤康生・井上浩吉千葉県鋸南町鮮新統千畑層から産したネズミザメ科イスルス・ハスタリスIsurus hastalis(Agassiz) の同一個体の歯群および脊椎骨群化石pdfファイルダウンロード
大野啓一コナラQuercus serrata Thunb. の開芽過程pdfファイルダウンロード
桑原和之習志野茜浜の鳥類相と個体数変動pdfファイルダウンロード

このページの先頭に戻る

・第1巻 第2号(1991年3月)
著者TITLE
近藤康生千葉県松戸市栗山の地下から産した後期更新世の外洋性浅海砂底貝化石群―特に最終間氷期における古東京湾の海況復元に関連して
直海俊一郎・武田卓明日本産メダカハネカクシ亜科(甲虫目、ハネカクシ科) の分類学的研究 XVIII. 千葉県のメダカハネカクシ相
朝倉彰・黒住耐二北マリアナ諸島(ミクロネシア)産貝類に関する知見
村田憲要・渡邊精一・朝倉彰房総半島のサンゴヤドカリ類 (Crustacea: Anomura: Diogenidae)
黒住耐二琉球列島産ヤセトウガタカニモリガイ(新称)の記録(腹足網、オニツノガイ科)
桑原和之千葉県谷津干潟におけるチドリ科メダイチドリCharadrius mongolusの食性
倉西良一・大高明史尾瀬沼に流出入する細流の底生無脊椎動物相
シンポジウムの記録第1回千葉県立中央博物館シンポジウムの記録: 甲殻類の水産・分類・生態に関するシンポジウム

このページの先頭に戻る

・第2巻 第1号(1992年3月)
著者TITLE
朝倉彰東京湾の帰化動物―都市生態系における侵入の過程と定着成功の要因に関する考察―
岡崎浩子下末吉海進に伴う潮流堆積相の発達―茨城県鹿島台地の下総層群木下層―
柄沢宏明・冨田進・井上浩吉千葉県鋸山南方の新第三系千畑累層より産したオオグソクムシ、Palaegasp.
Horie, Y., S. Udagawa and S. AbdullahTaxonomic study on soil-borne Ascomycetes from Iraq.
Asakura, A.New record of the intertidal hermit crab,Calcinus guamensisWooster, 1982 from Japan, with comments on JapaneseCalcinus.
Miya, M., M. Hirosawa and K. MochizukiOccurrence of a megachasmid shark in Suruga Bay: photographic evidence.
シンポジウムの記録Naveh, Z.: A landscape ecological approach to urban systems as part of the total human ecosystem.
Sukopp, H.: Urban ecosystems.
Rieley, J.: Vegetation diversity within the federal territory of Kuala Lumpur.
Ambasht, R.S.: Ecology of River Corridors in India with special reference to soil conservation and pollution.
Mukherjee, B.B.: On the ecology of the mangroves with special reference to those in sunderbans in the territory of India and Bangladesh.

このページの先頭に戻る

・第2巻 第2号(1993年3月)
著者TITLE
三中信宏組合せ論的視点から見た系統推定―量節約法と離散数学の接点―
佐藤弘幸千葉県成東町-八日市場市周辺に分布する下総層群の層序
中里裕臣下総層群清川層と上岩橋層の層序学的関係
黒住耐二下総層群藪層の興味ある化石貝類(予察)
石鍋壽寛・望月賢二・山下金義千葉県産ヤリタナゴTanakia lanceolataの水槽中の繁殖行動
黒住耐二・成毛光之・渡辺富夫千葉県高宕山周辺の陸産貝類相とその特徴
望月賢二・石倉亮治・小田島高之千葉県立博物館情報システム
シンポジウムの記録第3回千葉県立中央博物館シンポジウムの記録―生物の進化と生物地理―

このページの先頭に戻る

・第3巻 第1号(1994年3月)
著者TITLE
高橋直樹房総半島嶺岡帯西縁地域に見られる"アルカリ玄武岩-砕屑岩シーケンス"
岡崎(熊代)浩子・佐藤弘幸・中里裕臣上部更新統下総層群、木下層と常総層・姉崎層の層序―その1: 下総台地地域―.
大野啓一オガサワラススキとススキの越冬状態の比較
米林仲千葉市における1991年の空中飛散花粉
原田浩千葉県産地衣類のチェックリスト
土田英治・黒住耐二淡青丸で採集された三宅島沖合海域のイモガイ科(腹足網)
宮野伸也・山口剛キイロホソゴミムシ(甲虫目: オサムシ科)の生態
Miya, M., E. Higashitarumizu, T. Gonoi, T. Sunobe and K. MochizukiFishes of the Boso Peninsula, central Japan - I. Coastal fishes taken by set net off Ainohama, Tateyama.
Miya, M., E. Higashitarumizu, T. Gonoi, T. Sunobe and K. MochizukiFishes of the Boso Peninsula, central Japan - II. Coastal fishes taken by net off Chitose, Chikura.
シンポジウムの記録第4回千葉県立中央博物館シンポジウム: ブナとブナ林の自然誌―世界のブナとブナ林―

このページの先頭に戻る

・第3巻 第2号(1995年3月)
著者TITLE
高橋直樹・寺村秀昭・田中浩紀千葉県君津市香木原における三浦層群安野層下部層の層序と年代
中池敏之・山本明日本および近接地域のシダ植物の命名に関する研究II
山本明・中池敏之日本産ナライシダ属の分布
Ahmad, S., M. Shah and T. NakaikeChenopodium(Chenopodiaceae) in Gilgit Agency, northern Pakistan.
善養寺聡彦・天野誠千葉県新産植物ヒナワチガイソウの分布と生育環境
米林仲千葉市南部における完新世後期の植生変遷
土田英治・黒住耐二淡青丸で採集された房総半島沖の漸深海帯の貝類(予報)
Aoki, M. and A. AsakuraCaprellids (Crustacea: Amphipoda:Caprellidae) collected from the Ogasawara (Bonin) Islands.
Miya, M., H. Toho and K. MochizukiFishes of the Boso Peninsula, central Japan -III. Coastal and deep-sea fishes taken off Chosi.
浅田正彦・落合啓二・山中征夫房総半島におけるニホンジカに対するヤマビルの寄生状況
落合啓二・浅田正彦房総半島のニホンジカにおける体サイズの加齢成長

このページの先頭に戻る

・第4巻 第1号(1996年3月)
著者TITLE
平田和弘大福山周辺の森林とその立地条件
岡崎(熊代)浩子下総層群の堆積サイクルの特徴と形成過程
Nakaike, T.Enumeratio Pteridophytorum Japonicorum. II. Lycopodiaceae.
中池敏之・山本明ホウビシダ、ナンゴクホウビシダの分布
土田英治・黒住耐二淡青丸で房総半島南端、沖ノ山周辺からドレッジにより採集された興味ある貝類
Nishi, E. and A. AsakuraSerpulid polychaetes (Annelida) from the northern Mariana Islands, Micronesia.
Yoshida, M., A. Tanikawa, H. Ikeda, H. Tanaka, Y. Nishikawa and T. KamuraThe spiders of the northern Mariana Islands, Micronesia.
Miya, M., M. Yamaguchi and M. OkiyamaFishes of the Boso Peninsula, Central Japan -IV. Deep-sea midwater fishes taken off the Pacific coast of the peninsula.
須之部友基・斉藤明子・御巫由紀・加藤久佳収蔵資料の最適な燻蒸の実施: アンケート調査による検討

このページの先頭に戻る

・第4巻 第2号(1997年3月)
著者TITLE
Seilacher, A.Great revolutions in the history of life.
Seilacher, A."Fossil Art".
Harada, H.Contributions to the lichen flora of the Mariana Islands, Micronesia (1). Genus Endocarpon Hedw. (Verrucariaceae).
Furuki, T.Hepaticae and Anthocerotae of the Iwo (Volcano) Islands, northwestern Micronesia.
Nakaike, T.Enumeratio Pteridophytorum Japonicorum III. Selaginellaceae.
中池敏之・山本明八丈島(伊豆諸島)におけるハチジョウカナワラビ(オシダ科)の分布、生態、分類
林紀男・国安克彦舟田池における浮遊微生物相の季節的消長
西栄二郎微小なゴカイの母性愛―コイソメ科多毛類コモチコイソメ(新称)の繁殖行動について―
奥野淳兒・峯水 亮日本初記録のカゲロウカクレエビ(新称)(甲殻綱、エビ目、テナガエビ科)
Komai, T.Redescription of a little known pandalid shrimp,Pandalopsis lamelligera(Brandt) (Crustacea: Decapoda: Caridea) based upon topotypic material from Shantar Islands, northern Okhotsk Sea.
久原直利・倉西良一北海道産トビケラ目昆虫目録-文献による記録-
落合啓二・浅田正彦房総半島のニホンジカにおける骨格サイズの成長パターン
シンポジウムの記録第7回千葉県立中央博物館自然誌シンポジウム: 照葉樹林の特性―東アジアにおけるフロラと植生構造-

このページの先頭に戻る

 
・第5巻 第1号(1998年3月)
著者TITLE
原田浩・川名興・松田晃子千葉県産の地衣類(4). 新産種等4種について
原田浩千葉県産地衣類のチェックリスト(第2版)
Nakaike, T.Enumeratio Pteridophytorum Japonicorum V. Equisetaceae.
Nishi, E.Discovery of Euthalenessa festiva (Grube) (Polychaeta: Sigalionidae) from Katsuura, Boso Peninsula, central Japan.
奥野淳兒・小野篤司日本初記録のコガラシエビ(新称)(甲殻綱, エビ目, テナガエビ科)
宮下和喜イナダハリゲコモリグモとウジキコモリグモの卵のう産出と幼体発育
Kuranishi, R.B., T. Nozaki and N. KuharaA new record of Ecclisomyia kamtshatica (Trichoptera: Limnephilidae) from Japan with descriptions of immature stages.
落合啓二千葉県におけるハクビシンの分布と移入経路
林紀男・国安克彦千葉市蘇我池における浮遊微生物相
シンポジウムの記録平成8年度千葉県立中央博物館環境教育シンポジウムの記録: 自然保護と環境教育―地域生活と自然の保全の役割―

このページの先頭に戻る

・第5巻 第2号(1999年3月)
著者TITLE
中里裕臣房総半島更新統テフラのEPMA分析
斉木健一房総半島の中新統より産出した植物化石のクチクラ層について
H. HaradaThelenella luriodella(lichenized Ascomycota , Thelenellaceae), newly found in Japan.
原田浩・成井孝雄・C.F.カルバーソン・柴田承二Diploiciacanescens(スミイボゴケ科地衣類)の日本における再発見
広田祐二・池田正人・瀬戸熊卓見・望月賢二中国原産スズキ科魚類の一種タイリクスズキLateolabrax sp.の関東沿岸における初記録
落合啓二・浅田正彦・笠井貞義千葉県におけるキツネの分布
大庭照代環境モニタリングの生物音響学的アプローチCharadrius mongolusの食性
シンポジウムの記録平成9年度千葉県立中央博物館自然誌シンポジウムの記録: 形の進化学の現在
林紀男・国安克彦千葉市蘇我池における浮遊微生物相
シンポジウムの記録平成8年度千葉県立中央博物館環境教育シンポジウムの記録: 自然保護と環境教育―地域生活と自然の保全の役割―

このページの先頭に戻る

・第6巻 第1号(2000年3月)
著者TITLE
ト部厚志・大木淳一・徳橋秀一・須江由香里・吉久順子・大塚一広房総半島中新統天津層上部に含まれる凝灰岩鍵層の鉱物学的特徴
八木令子・吉村光敏下総台地における開析谷の微地形構成
原正利千葉県における照葉樹林の分布と主要構成種の優占度の地域差
原正利・尾崎煙雄・大場達之分布北東限のウバメガシ林の種組成と構造
中村俊彦・山元伸行・横地留奈子・鈴木英孝群落遷移試験地における砂土、赤土、黒土の土壌特性と裸地から7年後の変化
奥野淳兒・田中幸太郎カメンカクレエビ(新称)(甲殻網,エビ目,テナガエビ科)の色彩と北西太平洋からの記録
Miyano, S. and K.OchiaiEvidence for a nest of a yellowjacket,Vespula flavicepsSimth, being preyed by a Japanese marten,Martes melampus melampus(Wagner).
Miyano, S.Additional records of insects collected during the biological expedition to the northern Mariana Islands, Micronesia, in 1992.
金城芳典・落合啓二・浅田正彦・松本宗之伊豆諸島におけるニホンジネズミの追加記録
シンポジウムの記録北方系生物の起源と生物地理学
シンポジウムの記録千葉県の自然誌 ―こんなに不思議な身近な自然―

このページの先頭に戻る

・第6巻 第2号(2001年3月)
著者TITLE
高橋直樹・田中浩紀・高野 仁千葉県勝浦市鵜原地域の三浦層群の地質―層序,地質構造及び石灰質ナノ化石年代―
原田 浩日本産被果地衣類分類ノート(3).日本新産のPyrenula concatervans(Nyl.) R. C. Harris in Tucker & R. C. Harris(英文)
奥野淳兒・田中幸太郎日本初記録のマガタマエビ(新称; 甲殻類,エビ目,ヨコシマエビ科)(英文)
石綿進一千葉県のカゲロウ類-チェックリスト,記相および検索-
浅田正彦・直井洋司・阿部晴恵・韮沢雄希房総半島におけるイノシシ(Sus scorfa Linnaeus, 1758)の生息状況
シンポジウムの記録房総半島の第四紀-地層・地形から海水準変動とテクトニクス-
シンポジウムの記録ロシアからの渡り鳥(冬鳥たちの世界)

このページの先頭に戻る

・第7巻 第1号(2002年3月)
著者TITLE
Ishikawa, Y., Y. Misono, S. Nakatani, A. Ito, J. Matsumoto and M. IshibashiLaboratory Cultures of Myxomycetes: fruit body formation of five species of the genus Didyminum.
川瀬裕司伊豆諸島八丈島で採取されたギヤマンカクレエビ(新称)(甲殻上綱,十脚目,テナガエビ科)
落合啓二・浅田正彦ハクビシンの千葉市への移入
落合啓二・石井睦弘・布留川毅千葉県におけるアライグマの移入・定着
林紀男・大内山高広・水落元之・稲森悠平環形動物貧毛類Dero limosaの増殖に及ぼす環境因子の影響
斎藤明子昆虫標本への燻蒸ガスの影響について-PCR法によるDNA増幅の阻害-
大場達之沼田眞先生と自然誌博物館

このページの先頭に戻る

・第7巻 第2号(1995年3月)
著者TITLE
岡崎浩子・中里裕臣上部更新統下総層群の層序と柱状図データベース -その2: 常陸台地-
奥野淳兒・斎藤知己・川本剛志・平山 昌・野村恵一クメジマオトヒメエビ(新称) (甲殻上綱:十脚目:オトヒメエビ科)の東アジア海域における記録と種内変異
川瀬裕司千葉県館山湾におけるカワハギ科魚類の繁殖行動
落合啓二・石井睦弘・平岡 考千葉県のタヌキおよびタヌキ以外の野生哺乳類における疥癬の発生状況
吹春俊光博物館画像資料の簡易なデジタル展示・配布・保存の方法 戦前のヒマラヤ初登頂を記録した堀田禰一フイルムコレクションを例として

このページの先頭に戻る

・第8巻 第1号(1996年3月)
著者TITLE
糟谷大河千葉県の腹菌類. I .ホコリタケ科
原 正利・磯谷達宏・内山慶之・大森雄治分布北限となる三浦半島小田和湾のウバメガシ林
シンポジウムの記録千葉県レッドデータブックの活用と将来への展望

このページの先頭に戻る

・第8巻 第2号(1997年3月)
著者TITLE
樽 創・岡崎浩子・伊左治鎮司・柳沢 隆千葉県市原市の万田野層から産出したトウヨウゾウ(Stegodon orientalis Owen, 1870)の第4乳臼歯について
原 正利・尾崎煙雄・磯谷達宏分布北東限の自生地におけるウバメガシの分布と生育立地
三笠暁子・繁田真由美・浅田正彦・水野昌彦・長岡浩子・相澤敬吾千葉県における洞穴性コウモリ類の生息状況
繁田真由美・繁田祐輔・三笠暁子・水野昌彦・浅田正彦千葉県の大規模ねぐらにおけるエビナガコウモリ(Miniopterus fuliginosus)の個体数変動
矢竹一穂・秋田 毅・古川 淳・浅田正彦千葉県におけるニホンリス(Sriurus lis)の分布状況
浅田正彦・立川浩之・高山順子・村田明久・前田喜四雄千葉県におけるヒナコウモリの初記録
林 紀男・伊原 駿花見川(千葉市)における浮遊微生物相
並木美砂子・竹内有理・落合啓二企画展示「持ち込まれたケモノたち」の展示評価-企画展入場者の展示利用形態と外来種問題に関する認識及び意識の変化-
浅田正彦・丸山聡栄千葉県立中央博物館生態園における来園者の利用状況調査
Okuda, M.Surface Pollen Investigation in the Funada-ike Pond, Seitaien (Ecology Park) of the Natural History Museum and Institute, Chiba, Japan : an Implication on Pollen-Vegetation Relations.

このページの先頭に戻る

 
・第9巻 第1号 (2006年3月)
著者TITLE
Fukiharu, T., T. Odajima, R. Shimadate, H. Saito and E. SanoFungal Flora in Chiba Pref., Central Japan (IV)Tuber indicum, the First Record of Hypogenous Ascomycete Collected in China.
黒住耐二琉球列島において絶滅した完新世ハイガイ類(軟体動物門:二枚貝綱)の分類学的検討と生存年代
林 紀男・鈴木理恵戸面原貯水池における浮遊微生物相
奥田昌明・中川 毅・五反田克也房総半島安房地域の表層花粉調査-化石花粉による第四紀後期中の音暖気の古気候復元のための予備調査

このページの先頭に戻る

・第9巻 第2号 (2007年3月)
著者TITLE
天野誠・市原通雄・宮田昌彦・谷城勝弘千葉県横芝光町旧坂田池・埋立地の調整池に出現した埋土種子・胞子由来の水生植物
菊地則雄・川名興・宮田昌彦・富塚朋子房総半島南部大房岬の海産植物相
島村嘉一・菊地則雄千葉県浦安市沿岸における絶滅危惧種カイガラアマノリPorphyra tenuipedalis(紅藻ウシケノリ目)の生育地について
立川浩之海の生きもの観察ノート5に掲載された千葉県産後鰓類に関する補遺
黒住耐二・戸嶋啓太千葉県で確認されたカメに寄生するエラビル類の初記録
原正利・大野啓一・川名興・倉俣武男・清水井洋一・中村俊彦・平田和弘千葉県立中央博物館生態園における森林群落の10年間の変化―林分の成長と構成種の変化―

このページの先頭に戻る

・第10巻 第1号 (2008年3月)
著者TITLE
岡崎浩子・黒住耐二国指定天然記念物「木下貝層」(更新統下総層群木下貝層)の地質学的意義
飯尾直子・宮本迪佳・久我亮子・有原千香子・川瀬裕司千葉県勝浦の潮間帯におけるヒライソガニの体サイズと抱卵期
落合啓二・乃一哲久・布留川 毅・鈴木藤蔵千葉県南東部における哺乳類のロードキルの状況
シンポジウムの記録平成18年度千葉県立中央博物館自然誌シンポジウムの記録:甲虫相から見る千葉県 -里山と海の県,茨城・千葉・神奈川の比較から-
シンポジウムの記録平成19年度秋の展示「食虫植物の世界 -虫を食べる植物たち-」関連シンポジウムの記録:千葉県の食虫植物を語ろう

このページの先頭に戻る

・第10巻 第2号 (2009年3月)
著者TITLEダウンロード
金子久男・金子和子・古木達郎千葉県習志野市のコケ植物pdfファイルダウンロード
菊地則雄・阿部真比古・島村嘉一・玉城泉也・藤吉栄次・小林正裕千葉県における絶滅危惧種紅藻アサクサノリの生育pdfファイルダウンロード
林 紀男・岡野邦宏・稲森隆平水田生態系に出現する原生生物pdfファイルダウンロード
林 紀男・大内 匠・宮田直幸水田生態系に出現するワムシ類・ミジンコ類pdfファイルダウンロード

このページの先頭に戻る

・第11巻 第1号 (2010年5月)
著者TITLEダウンロード
大高明史・倉西良一・小林 貞印旛沼と手賀沼の沖合の底生動物相pdfファイルダウンロード
深澤 悟・宮野伸也東京都伊豆諸島のハチ目有剣類pdfファイルダウンロード
平山 廉・伊左治鎭司千葉県袖ケ浦市の下総層群清川層(中期更新統)より産出したカメ類化石(続報)pdfファイルダウンロード
落合啓二・繁田真由美千葉県にムササビは生息しているか?pdfファイルダウンロード

このページの先頭に戻る


・第11巻 第2号 (2011年3月)
著者TITLEダウンロード
金子久男・金子和子・古木達郎千葉県船橋市のコケ植物pdfファイルダウンロード
落合啓二千葉県産イタチ(Mustela属)の外部計測値に基づく同定pdfファイルダウンロード
矢竹一穂・秋田 毅・古川 淳千葉県におけるニホンリス(Sciurus lis)の生息状況の変遷pdfファイルダウンロード
奥田昌明・吉野秀夫・楡井 久・佐久間豊千葉市中央区都川域(旧池田郷)における過去4千年間の花粉組成と古環境pdfファイルダウンロード

このページの先頭に戻る


・第12巻 第1号 (2012年3月)
著者TITLEダウンロード
岡崎浩子・大木淳一東北地方太平洋沖地震にともなう九十九里浜の津波堆積物と海岸地形変化調査報告pdfファイルダウンロード
加藤久佳・加藤晶子・伊左治鎭司千葉県内の東京湾岸地域で得られる浚渫土中および海岸打ち上げの化石群pdfファイルダウンロード
奥野淳兒・柳澤 享・世古 徹・藤田喜久日本初記録のタカノツメカクレエビ(新称)Periclimenes incertus Borradaile, 1915(甲殻上綱:十脚目:テナガエビ科)pdfファイルダウンロード
角田 隆千葉県から記録された中型・大型哺乳類寄生性マダニpdfファイルダウンロード
川瀬裕司・甲斐嘉晃若狭湾から採集された魚類pdfファイルダウンロード
森谷 淵・森谷香取2007〜2008年にいすみ市海岸で観察されたアカウミガメの孵化ならびに稚ガメの遅延脱出について 
深澤 悟・宮野伸也東京都伊豆諸島のハチ目有剣類II − 種の追加と訂正pdfファイルダウンロード
森谷 淵・森谷香取2009〜2010年にいすみ市海岸で観察されたアカウミガメの産卵、孵化、遅延脱出について 

このページの先頭に戻る


・第12巻 第2号 (2013年3月)
著者TITLEダウンロード
川瀬裕司南房総で発見されたオオウナギAnguilla mamoratapdfファイルダウンロード
大庭照代千葉県立中央博物館「自然の音および音環境録音コレクション」DISCOGRAPHY:収集および刊行資料pdfファイルダウンロード

このページの先頭に戻る

 

・第13巻 第1号 (2014年3月)

著者TITLEダウンロード
高橋啓一・薄井重雄・落合啓二ニホンジカ冠状縫合の性差と個体成長-シカ化石の分類のための基礎研究-pdfファイルダウンロード
川瀬裕司アンケートとお絵かきからみた子供に人気の展示生物—企画展示「深い海に暮らす生きものたち」の内容と結果の分析pdfファイルダウンロード
金子久男・金子和子・古木達郎千葉県市川市のコケ植物pdfファイルダウンロード
大島光春・加藤久佳千葉県富津市金谷の海岸に打ち上げられたイノシシ頭骨化石pdfファイルダウンロード

このページの先頭に戻る

 

・第13巻 第2号 (2016年3月)

著者TITLEダウンロード
宮田昌彦=Masahiko MiyataA List of the Valid Species Names of Algae Described by Carl Linnaeus(1707-1778), under ICN(2012)=国際藻類・菌類・植物命名規約(2012)に従って有効性が認められた,カール・リンネCarl Linnaeus (1707-1778) が原記載した藻類の種名リストpdfファイルダウンロード
木村悟朗・倉西良一千葉県立中央博物館生態園におけるヒトスジシマカ成虫の生息状況pdfファイルダウンロード
萩野康則千葉県産土壌動物リストI有翅昆虫を除く動物群pdfファイルダウンロード

このページの先頭に戻る

 
・特別号 第1号(1994年3月)
 生態園の自然誌 I ―整備経過と初期の生物相の変化―
著者TITLE
沼田眞自然誌博物館と生態園
中村俊彦生態園の整備経過と管理運営
山口剛・中村俊彦生態園の整備に伴う地形、土壌、植被の変化
由良浩生態園総合気象観測装置の概要及び観測結果
岩瀬徹生態園観察会と植物観察12か月
Jordan, W.R.III.Ecological restoration in the United States.
大野啓一・平田和弘・腰野文男生態園の植物相
中村俊彦・古木達郎・須賀はる子生態園のコケ植物相
原田浩生態園及び周辺の地衣類
吹春俊光・腰野文男・小沼良子生態園の大型菌類相
平田和弘生態園植物群落園の植栽後の群落変化
大野啓一生態園の植栽樹木―自然復元のための植物導入方法を考える―
中村俊彦・原正利・大野啓一・吉野朝哉照葉樹林の移動試験とそれに伴う林分構造の変化
平田和弘照葉樹林の移動試験に伴う草木層群落の経年変化
由良浩生態園の海岸植生地と植栽経過
大窪久美子生態園ススキ草地における植生の経年変化
大窪久美子生態園湿原における植生の経年変化
大窪久美子生態園湿原の地盤構造と水条件の維持
大窪久美子生態園舟田池における改修工事に伴う植生の経年変化
Miyata, M.Short-term dynamics of submerged vegetation after restoration work in Funda-ike pond, Ecology Park.
長谷川雅美・山口剛・高山一明生態園における動物相の変化―植生の変化にともなう棲息場所の消長と大型捕食者の影響―
今関真由美・山口剛・落合啓二生態園及び周辺地域における哺乳類の生息状況
桑原和之・原田茂・木幡冬樹・鈴木明・青木正志・落合加代子千葉県立中央博物館周辺鳥類目録
黒住耐二導入植生への陸産貝類の分散について
浅間茂生態園及び周辺のクモ類
松本嘉幸・山口剛生態園のアブラムシ相
小作明則・石井規雄・伊藤雅道・角南桂子・長谷川雅美・山口剛生態園における土壌動物群集の経年変化I サンプリング方法の検討
大庭照代生態園における池岸と照葉樹林内の音環境 (1991.4-1993.3): 自然の音源の構成の研究およびその方法の検討
占部城太郎・倉西良一・長谷川雅美・小林紀雄・小倉紀雄・谷城勝弘舟田池における水質と動物相の変化―改修工事の影響とその評価―
小林紀雄・倉西良一生態園舟田池における浚渫直後の淡水大型無脊椎動物相
大木克行・倉西良一生態園の淡水環境における大型無脊椎動物の分布と季節消長

このページの先頭に戻る

・特別号 第2号(1995年3月)
 房総半島の植物相と植生
著者TITLE
沼田眞生態的植物誌について
宮田昌彦・大場達之房総半島の自然環境
天野誠・遠藤泰彦・御巫由紀・大場達之千葉県産維管束植物チェックリスト
大野啓一生態標本の意義と作成法
古木達朗・中村俊彦文献に基づく千葉県産コケ植物目録
Miyata, M.Algal flora of Okinoshima-Island, Boso penisula, Japan.
吹春俊光・服部力・腰野文男・大作晃一・野村麻結実・堀米礼子千葉県菌類誌(I)大型担子菌類相
原田浩千葉県産の地衣類(2). 新産種等8種
原田浩・高宮宏・松下晃子千葉県産の地衣類(3). 東金市の地衣類
原正利千葉県北部における照葉樹林の優占種の地域差について

このページの先頭に戻る

・特別号 第3号 (2000年3月)
 日本の両生類 ―現状と将来―
著者TITLE
長谷川雅美・草野保・福山欣司日本における両生類個体群減少の認識過程
富岡克寛関東平野北部の谷津田におけるアカガエル2種の産卵時期と卵塊数の長期動態
本郷俊夫秋田県におけるニホンアカガエルとウシガエルの生息状況
湯本光子山梨県の両生類の分布について
植田健仁・長谷川雅美伊豆半島平野部の両生類相
篠原 望香川県の両生類 ―RDB調査に向けて―
林光武栃木県両生爬虫類分布調査:その基本方針、体制および実施方法について
プレシンポジウムおよび関連行事の記録平成11年度特別展「カエルのきもち」

このページの先頭に戻る

・特別号 第4号 (2001年3月)
 房総の地史 ―堆積相,古生物相の変遷―
著者TITLE
岡崎(熊代)浩子総合研究「房総の地史―堆積相,古生物相の変遷―」
岡崎(熊代)浩子更新統下総層群の堆積システムからみる"古東京湾"の環境変遷
中里裕臣更新統下総層群のテフラに関する諸問題
近藤康生木更津市とその周辺に分布する更新統下総層群,特に下部層の非対称海進海退サイクルに見られる貝類群集の特徴
加藤久佳更新統下総層群清川層および木下層からの十脚甲殻類群集
森田利仁,高橋直樹,加藤久佳,大木淳一,伊左治鎭司,小田島高之房総半島小櫃川水系笹川支流域の上総層群黒滝層(鮮新統)からの化石化学合成依存群集の産出
加瀬靖之房総半島北部の上総層群笠森層(更新統)の花粉化石―茂原市付近から成東町にかけて―

このページの先頭に戻る

・特別号 第5号 (2002年3月)
 房総の植物誌一海藻・蘇苔類・大型菌類・地衣類一
著者TITLE
宮田昌彦・古木達郎・吹春俊光・原田 浩房総の植物誌「海藻誌・蘇苔類誌・大型菌類誌・地衣類誌」 (1989-2001年)の概要
宮田昌彦・菊地則雄・千原光雄千葉県産大型海産藻類目録
古木達郎千葉県産コケ植物目録, 2002年版
古木達郎・高宮 宏千葉県東金市のコケ植物
吹春俊光・腰野文男・服部 力・大作晃一・小沼良子千葉県菌類誌(II)大型担子菌類追加目録
長尾英幸・吹春俊光
原田 浩千葉県産地衣類のチェックリスト(第3版)
松本達雄・原田 浩千葉県産の地衣類(9).Thelotrema属(チブサゴケ科)
原田 浩・川名 興富津市(千葉県)の地衣類相

このページの先頭に戻る

・特別号 第6号 (2003年3月)
 房総半島小糸川上流の自然誌 I
著者TITLE
吉村光敏・八木令子小糸川上流の段丘地形-君津市豊英,清和県民の森周辺-
徳橋秀一・石原与四郎千葉県房総半島中部,小糸川上流域の地質ー特に林道沿いの凝灰岩鍵層及び岩相の分布についてー
大木淳一・綛谷珠美・高橋孝之・恵 貴子・今関達治露頭の保護・活用を目的とした林道管理者と博物館の協力事例
大野啓一アケボノシュスランのシュートフェノロジーと生長様式
小菅康弘・小賀野大一・長谷川雅美小糸川流域における淡水性カメ類の分布
尾崎煙雄・鎌田貢司郎房総丘陵のハス田におけるヤマアカガエルの繁殖スケジュール
島立理子十五夜の「盗み」の継続とその変容-君津市豊英の事例から-
中村俊彦自然誌博物館の役割とフィールドミュージアム展開

このページの先頭に戻る


・特別号 第7号 (2004年3月)
  房総半島小糸川上流の自然誌 II
著者TITLE
吹春俊光・服部 力・腰野文男・須賀はる子・大木淳一・尾崎煙雄清和県民の森の大型担子菌類目録
古木達郎・川名 興・高宮 宏・中村俊彦清和県民の森のコケ植物
黒住耐二・尾崎煙雄・大木淳一房総丘陵のダム湖における淡水産貝類の種組成と生態分布
須之部友基・大木淳一・尾崎煙雄小糸川上流域の魚類相
平良裕之・倉西良一小糸川上流(千葉県君津市豊英)の底生大型無脊椎動物相
林 紀男・鎌田愛美豊英ダム湖における浮遊微生物相
林 紀男・鎌田愛美三島ダム湖における浮遊微生物相

このページの先頭に戻る

・特別号 第8号 (2007年3月)
  和田隆治氏採集貝類標本目録
著者TITLE
立川浩之・黒住耐二・藍澤正宏和田隆治氏採集貝類標本目録

このページの先頭に戻る

・特別号 第9号 (2011年3月)
  房総半島の海洋生物誌:分館海の博物館の研究成果に基づいて
著者TITLE
菊地則雄・奥野淳兒
・川瀬裕司
房総半島の海洋生物誌(1999~2010年)の概要
菊地則雄千葉県勝浦市沿岸の海産植物相
菊地則雄千葉県館山市坂田・波左間周辺の海産植物相
立川浩之千葉県勝浦市で採集された有藻性イシサンゴ類(刺胞動物門:花虫綱)
西栄二郎
・Elena K. Kupriyanova
房総半島沿岸に産する環形動物多毛類相と千葉県立博物館に保管されているタイプ標本リスト(英文)
立川浩之千葉県勝浦市吉尾周辺で採集された海産軟体動物
奥野淳兒千葉県勝浦市鵜原理想郷の陸棲等脚類(甲殻亜門:フクロエビ上目:等脚目)
川瀬裕司・奥野淳兒房総半島西岸から記録されたダウリアチョウザメHuso dauricusとカラチョウザメAcipenser sinensis(硬骨魚綱:チョウザメ目)
菊地則雄・宮田昌彦・(財)千葉県勝浦海中公園センター1982~2009年における千葉県勝浦市吉尾の気温・海水温の変化
川瀬裕司企画展示「大収蔵資料展」の広報効果と展示評価


このページの先頭に戻る

 

・特別号 第10号  房総丘陵の自然誌
著者TITLEダウンロード
高橋直樹・高野 仁房総半島南部加茂川平野北縁の三浦層群の地質構造  pdfファイルダウンロード
八木令子・吉村光敏・小田島高之房総丘陵を水源とする河川の地域特性と地形誌 pdfファイルダウンロード
伊左治鎭司・加藤久佳千葉県鴨川市の東京大学千葉演習林内で発見された化学合成貝化石群 pdfファイルダウンロード
加藤久佳・伊左治鎭司・小泉明裕・冨田 進房総半島の三浦層群および上総層群からの十脚甲殻類化石の追加資料 pdfファイルダウンロード
斉藤明子・尾崎煙雄・宮野伸也・鈴木 勝・斉藤 修・村川功雄・倉西良一東京大学千葉演習林(千葉県南部清澄山系)の昆虫相 pdfファイルダウンロード
天野 誠・齋木健一・御巫由起・倉俣武男・山本伸子・大場達之千葉県いすみ市の維管束植物相   pdfファイルダウンロード 
天野 誠・齋木健一・御巫由起・倉俣武男・山本伸子・大場達之千葉県大多喜町の維管束植物相      pdfファイルダウンロード
古木達郎千葉県清澄山のコケ植物相  pdfファイルダウンロード
原田 浩・坂田歩美・泉 宏子・吉川裕子東京大学千葉演習林の地衣類相 pdfファイルダウンロード
吹春俊光・腰野文男・服部 力東京大学千葉演習林の大型菌類相
pdfファイルダウンロード

このページの先頭に戻る

 
Copyright (C) 2012 by Natural History Museum and Institute, Chiba. All rights reserved.