千葉県立中央博物館

千葉の県立博物館各館リンク
 
> 千葉県立中央博物館> メールマガジンのご案内 
おでかけ前に
 

おすすめコンテンツ

生態園房総のやまフィールドミュージアム千葉の県立博物館デジタルミュージアム
 
収蔵資料検索
 
メールマガジンのご案内中央博サークル
 

メールマガジンのご案内

このページでは,中央博物館のメールマガジン「ちば中央博メール」についてご案内します.
 

メールマガジン「ちば中央博メール」とは

開催中または近日開催予定の企画展・テーマ展示の紹介や,翌月に開催される講座・観察会のご案内,大多喜城分館と大利根分館の行事案内など,中央博物館の最新情報を月に1回,メールでお届けします.毎月10日の発行です.
購読は無料です.配信を希望される方は,下の「登録方法」をご覧の上,メールアドレスの登録をお願いします.
 

登録方法

■STEP1
下記のURLをクリックして登録ページへ移動してください。携帯端末の場合は、QRコードをスキャンして頂いても結構です。
https://a02.hm-f.jp/index.php?action=R1&a=318&g=1&f=1

QRコード

■STEP2
メールアドレス欄にメールマガジンを受け取りたいメールアドレスを入力後、「次へ」ボタンを押してください。
登録フォーム

■STEP3
入力したメールアドレスに誤りがなければ「送信」ボタンを押してください。
登録フォーム
■STEP4
下記の画面が表示されましたら、登録は完了です。
ご登録頂いたメールアドレスに「登録完了メール」が届きますので、ご確認ください。
なお、「登録完了メール」内に登録内容変更用URL、配信停止用URLが記載されていますので、
大事に保管頂きますようお願い致します。
登録フォーム
 

バックナンバー

下記のURLをクリックしてご覧ください。
 https://a02.hm-f.jp/index.php?action=BN&gid=1&aid=318

 

サンプル

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 ちば中央博メール 2012年3月号 (2012年3月10日発行・第67号)
          http://www.chiba-muse.or.jp/NATURAL/

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
目次

1 お知らせ
2 コラム:中央博の窓
3 イベント情報
(1)中央博物館本館・生態園 企画展・テーマ展示
(2)中央博物館本館・生態園 当日参加できるイベント
(3)大利根分館
(4)大多喜城分館
4 研究室から[研究コラム]
5 メールマガジン配信サーバ変更のお知らせ
----------------------------------------------------------------------------
お知らせ
----------------------------------------------------------------------------
3月になり暖かい日も増えてきました。中央博物館では、毎年、この時期恒例の春の
展示がはじまります。今年のテーマは、「芽ばえ」。タネから発芽したばかりのかわ
いい芽ばえの世界初の本格的な展覧会です。科博コラボ・ミュージアムin千葉「恐竜
アロサウルスとその時代の生き物たち」、生態園トピックス展「生態園の花粉」も前
月に引き続き、好評開催中です。また、大利根分館では4/1から写真展「私の撮った
水郷 2012」が、大多喜城分館では3/16から特別公開 I「江戸風俗図屏風」が開催さ
れます。ぜひご家族でおでかけください。

----------------------------------------------------------------------------
コラム:中央博の窓-30 「生態園の花と実」が出来ました
----------------------------------------------------------------------------
3月に入ると、生態園のマダケ林ではフキノトウ(フキの花茎)が伸びはじめます。
フキノトウには雄と雌とがあり、咲いた時にやや黄色っぽい(雄)か白っぽい(雌)
かで見分けられます。マダケ林のは、すべてが雌のようです。雌雄は個体で分かれて
いるので雌株なのでしょう。フキの茎は地下を長く這い、枝分かれして広がるので、
ここに群生するフキ全部が雌1個体なのかもしれません。花の後、雌のフキノトウは
高さ50cmほどに生長し、4月上旬に結実します。しかし、生態園では結実しません。
近くに雄株が無いからでしょうか? ともあれ、生態園ではフキノトウからはじまっ
て、季節を追ってさまざまな花や実が見られます。これらを写真で紹介した「生態園
の花と実」という小冊子がこのほど発行されました。オリエンテーションハウスにて
無料で差し上げていますので、ぜひお越しください。(環境科学研究科長 大野啓一)

----------------------------------------------------------------------------
中央博物館本館・生態園
 企画展・テーマ展示
----------------------------------------------------------------------------
◆春の展示「芽ばえ」◆
 会期 3月17日(土)〜5月27日(日) 9:00〜16:30(入館は16:00まで)
 内容 タネから発芽したばかりの小さな植物、芽ばえ。山野草や森の木々、果物な
    どのさまざまな芽生えのかわいらしい姿と特徴を展示します。

 ウェブページはこちらから↓
 http://www.chiba-muse.or.jp/NATURAL/2012mebae.htm

◆科博コラボ・ミュージアムin千葉「恐竜アロサウルスとその時代の生き物たち」◆
 会期 〜4月8日(日) 9:00〜16:30(入館は16:00まで)月曜休館
 内容 中生代ジュラ紀の肉食恐竜アロサウルスの実物全身骨格標本と同時代の化石
    を展示します。

 ※ 春の展示・コラボ展ともに常設展の入場料(一般300円、高・大学生150円)
   で見学できます。

 ウェブページはこちらから↓
 http://www.chiba-muse.or.jp/NATURAL/2012allosaurus.htm

◆生態園トピックス展「生態園の花粉」◆
 会期 〜5月6日(日) 9:00〜16:30(入園は16:00まで)
 内容 生態園にある代表的な植物について花と花粉の組み合わせを紹介します。
 料金 無料

 ウェブページはこちらから↓
 http://www.chiba-muse.or.jp/NATURAL/2012kafun.htm

----------------------------------------------------------------------------
中央博物館本館・生態園
 当日参加できるイベント(〜4月9日)
----------------------------------------------------------------------------
◆春の展示「芽ばえ」関連講演会
【芽ばえと芽吹き-その不思議と面白さ-】
  日時 3月24日(土) 13:30〜15:30
  場所 中央博物館講堂
  講師 八田洋章氏(国立科学博物館名誉研究員)
  内容 いろいろな樹木の芽ばえや芽吹きの多様な姿・形と面白さを紹介します。
     春の樹木ウォッチングの見どころ満載です。
  費用 無料
  定員 200名(中学生以上)

◆生態園観察会
【とりの声キャッチ名人 春を告げる鳥たち】
  日時 3月17日(土),18日(日),24(土),25日(日),27日(火) 10:00〜15:00
  場所 中央博物館生態園
  内容 生態園は自然がいっぱい。音声識別装置「ききみみずきん」で季節の鳥の
     声を集めましょう。参加者には野鳥カードを差し上げます。
  費用 無料
  定員 なし(小学3年生以上)

◆房総の山のフィールド・ミュージアム
【山の学校 96 春の里の生きもの】
  日時 3月17日(土) 13:00〜16:00
  場所 君津市立三島小学校周辺(君津市正木)
  内容 君津市立三島小学校に集合し、周辺を散策して生きものを観察します。
  費用 保険料50円
  定員 なし[三島小学校にて、12:30〜50に受付、小学生以下は保護者同伴]

【そのほかにも3〜4月の講座・観察会は一杯!こちらから↓】
3月 http://www.chiba-muse.or.jp/NATURAL/events/kouza/kouza2012_03.htm
4月 http://www.chiba-muse.or.jp/NATURAL/events/kouza/kouza2012_04.htm

【ミュージアム・トーク(研究職員による資料解説)について詳しくは↓で】
3月 http://www.chiba-muse.or.jp/NATURAL/events/mt/mt201203.htm
4月 http://www.chiba-muse.or.jp/NATURAL/events/mt/mt201204.htm

----------------------------------------------------------------------------
大利根分館   http://www.chiba-muse.or.jp/OTONE/  電話:0478-56-0101
----------------------------------------------------------------------------
◆開館のお知らせ
大利根分館は、平成23年10月1日(土)から3月31日(土)までの間、休館しておりました
が、4月1日(日)より通常開館いたします。
 ○開館時間:9:00〜16:30
 ○休館日:月曜日(月曜日が祝休日のときは翌日)。
      但し、企画展期間中(5月26日(土)〜6月24日(日))は無休。

 なお、休館期間中も予めお申し込みいただいた学校等の団体見学に対応し、常設展
示のほか、収蔵資料展「古い道具とむかしのくらし」もご観覧いただけます。予めお
申し込みいただければ、展示解説や「灯りの歴史体験」の学習指導も行っております。
 また、移動展「古い道具とむかしのくらし」、展示解説(出前授業)及び甲冑試着
体験については、休館期間中も対応いたしております。

◆写真展「私の撮った水郷 2012」
自然やくらし、豊かな田園風景など、水郷の魅力を写真で紹介します。
  開催期間 4月1日(日)〜5月6日(日)

 ※上記の展示写真を募集しております。
  募集要項は大利根分館ホームページからダウンロードできます。

----------------------------------------------------------------------------
大多喜城分館  http://www.chiba-muse.or.jp/SONAN/  電話:0470-82-3007
----------------------------------------------------------------------------
◆写真展「大多喜城の四季」作品大募集
大多喜城分館では、4月24日(火)から四季折々の大多喜城の姿をテーマとした写真展、
「大多喜城の四季」を開催します。このため、このテーマに関わる写真作品を広く募
集します。入選作品は大多喜城分館で展示されます。ふるってご応募ください。
  応募期間 3月1日(木)〜4月15日(日)
  開催期間 4月24日(火)〜5月13日(日)
  くわしくはこちらから↓
  http://www.chiba-muse.or.jp/SONAN/

◆特別公開 I「江戸風俗図屏風」
千葉県鋸南町出身の菱川師宣筆『江戸風俗図屏風』(原品:フリーア美術館蔵)の高
精細デジタル複製品(「綴プロジェクト」製作品)のうち、春の風景が描かれた左隻
を特別公開いたします。
  展示期間:3月16日(金)〜4月22日(日)

----------------------------------------------------------------------------
研究室から・・ 4 鵺(ぬえ)の正体
----------------------------------------------------------------------------
鵺(ぬえ)を知っていますか。正体がはっきりしないとされる伝説上の動物です。
そんな和名を持つコケ植物がヌエゴケです。ヌエゴケはボルネオ島で採集されてから
数十年間、標本庫にシダ植物として眠っていました。その形態があまりにもシダ植物
の前葉体に似ているためです。そして新種記載から20年以上たった最近、遺伝子解析
の結果は世界を驚かせました。外部形態からは想像もできないツキヌキゴケ科の仲間
であることが分かったのです。シダ植物の前葉体に似ていたのは、生活史を短くした
幼形成熟だったためです。研究紹介コーナーでは、このヌエゴケの正体を探った発見
から新種記載、そして最近の研究結果を展示しています。
                        (植物学研究科長 古木達郎)

----------------------------------------------------------------------------
メールマガジン配信サーバ変更のお知らせ
----------------------------------------------------------------------------
「ちば中央博メール」は、メールマガジン配信システムの移行に伴い、次号からは新
サーバからの配信となります。現在メールマガジンを購読されている方々があらため
て購読手続きをする必要はありませんが,新規にメールマガジンの配信停止や購読を
おこなう方法は変更となる予定です。詳しくは次号の「ちば中央博メール」でお知ら
せいたします。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆発行
千葉県立中央博物館
〒260-8682 千葉市中央区青葉町955-2
電話:043-265-3111 FAX:043-266-2481
http://www.chiba-muse.or.jp/NATURAL/
◆このメールは送信専用メールアドレスから配信されています。
返信いただいてもお答えできませんのでご了承ください。
◆お問い合わせは、電話またはFAXでお願いします。
◆大多喜城分館、大利根分館に関するお問合せは各館に直接お電話をお願いします。
◆無断転載はお断りします。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆配信の解除は↓から
https://blue.tricorn.net/chiba-muse/sdelinput1.x
 
Copyright (C) 2012 by Natural History Museum and Institute, Chiba. All rights reserved.