千葉の県立博物館
 
トップページ > 授業に役立つ博物館プロジェクト> エレキテル模型キット 

エレキテル模型キット

 
エレキテル模型キット[ねらい]実際に静電気を発生させ、放電現象を観察することにより、目には見えない電気の性質と働きについて子どもたちの理解を深めたいと考えています。

[構 成]キットは、江戸時代の発明家、平賀源内のエレキテルの原理を基にした模型と取扱説明書で構成されています。模型は、ハンドルを回すと、箱内に静電気が発生して蓄電され、電圧が一定に達すると、箱外に出た金属棒の間で空中放電が起きる仕組みになっています。箱の天板を外すと、内部構造を見ることができ、その状態で運用することも可能です。

[活用例]中学2年理科「静電気とそのはたらき」では、教科書中でエレキテルが紹介されおり、本キットは最適な体験教材となります。また、小学6年理科「電気の利用」では、電気を発生させる方法の一つとして、本キットが役に立ちます。さらに、小・中学校の日本史の学習で平賀源内を扱う際には、その偉業を紹介する教材としても活用できます。

[対 象]小学校理科、中学校理科第1分野、小・中学校総合的な学習の時間

[詳 細]
千葉県立現代産業科学館 「授業に役立つ博物館」プロジェクト

[貸 出]
千葉県立現代産業科学館
     〒272-0015 市川市鬼高1-1-3
     TEL:047-379-2005 FAX:047-379-2221
 
収蔵資料検索
 
千葉の県立博物館 デジタルミュージアム
 
千葉県立美術館博物館評価
 
千葉県博物館協議会
 
授業に役立つ県立博物館プロジェクト