> 千葉県立中央博物館分館 海の博物館> 企画展示> 過去のマリンサイエンスギャラリー 


       

 深い海の中は、人が直接近づくことが難しいため、水深わずか数百メートルの場所にすむ生きもののことさえよくわかっていません。そのような生きものたちの暮らしや体のつくり、人との関わりについて紹介しました。

 リーフレットのダウンロード(3.6MB)

       

 日頃何気なく使っている生きものの名前には、いろいろな不思議が隠れています。「学名」って何? 「いそっぴ」は図鑑に載っていない? この展示では、さまざまな海の生きものの名前とその秘密をのぞいてみます。

       

外房の海や川には豊かな自然が残り、多くの生きものたちが暮らしています。そこで見られるたくさんの貴重な生きものたちを紹介しました。

 リーフレットのダウンロード(0.5 MB)

       

海の生きものに見られるさまざまな共生関係を、標本や映像を使って紹介しました。

       

小笠原諸島にすむ様々な海の生きものを紹介しました。

       

海の動物にみられる、さまざまなオスとメスの姿を紹介しました。

       

江戸時代から養殖されているアサクサノリを中心に、生きものとしてのノリの姿を紹介しました。

  展示解説書のダウンロード
Part1Part2Part3 (計 9.8 MB)

       

多様性に富んだハゼの仲間たちを紹介しました。

       

イソギンチャクの世界について紹介しました。

 展示解説書のダウンロード(1.6 MB)

       

いろいろな魚の子育てについて紹介しました。

 リーフレットのダウンロード(1.0 MB)

 展示解説書のダウンロード(1.0 MB)

       

いろいろな種類やユニークな生活など、ヤドカリに対する興味をさらに深めていただけるような話題を紹介しました。

       

ほ乳類であるクジラのからだのつくりや生活、房総半島沿岸で見られるクジラ類などについて紹介しました。

       

さまざまな形をした稚魚にスポットを当て、成長の過程や、生活の様子を紹介しました。

       

貝達の食生活に見られる多様さと巧みさにスポットを当て、その中から代表的なものを紹介しました。

 
Copyright © 2002 Coastal Branch of Natural History Museum and Institute, Chiba. All rights reserved.