千葉県立中央博物館

千葉の県立博物館各館リンク
 
おでかけ前に
 

おすすめコンテンツ

生態園房総のやまフィールドミュージアム千葉の県立博物館デジタルミュージアム
 
収蔵資料検索
 
メールマガジンのご案内中央博サークル
 

生態園の花粉

展示終了
平成23年度生態園トピックス展

生態園の花粉

2012(平成24)年2月7日(火)~5月6日(日)
<月曜休園>
(なお4月30日(月・祝)は開園し、5月1日(火)を休園)
開催時間 : 午前9時~午後4時30分
(生態園の入園は午後4時まで)
会場 : 千葉県立中央博物館 生態園
オリエンテーションハウス

 
 ハンノキの花粉と花ハンノキの花粉と花 
1.ハンノキの花粉と花 (2011年2月)

見る角度にもよりますが、花粉は人の顔に似ています。

それは、花粉の色がちょうど肌色っぽいのと、人の目のように見える穴を2~3個以上、持っているからでしょう。 この「人の目のように見える穴」は、花粉が雌しべの先について受粉するとき、受精用の管が伸びる出口です。

この穴の形状(数やかたち)が異なること、またそれ以外にも、花粉の輪郭や表面の模様がそれぞれ異なることから、花粉というのは種類ごとに、じつに千差万別の形をしています。
 
 イヌシデの花粉と花イヌシデの花粉と花
2.イヌシデの花粉と花(2011年3月)

この展示では、そんな花粉たちが見せてくれる表情をご紹介したいと思います。

冒頭のハンノキは、5つの穴のまわりをうねのような縁どりが取り巻いていることから、まるで色のこい眼鏡をかけたように見えます。

上のイヌシデは、5つの穴すべてが出目金のようにぷっくりと飛び出しています。

その他の花粉たちも、それぞれ個性的な表情を見せてくれます。

ひょっとしたら自分に似た花粉が見つかるかもしれません。
 
スダジイの花粉と花 スダジイの花粉と花
3.スダジイの花粉と花(2011年5月)

花粉はいずれも1000倍の光学顕微鏡で撮影した画像で、多少の色処理をほどこしています(サイズは30mm程度)。

なお、この展示では、その花粉を採取した「花」の写真も、あわせて展示しています。

ご存じの通り「花」の形も、花粉と同様に千差万別です。

その中でもとくにハンノキやイヌシデといった風媒植物(風にのせて花粉を飛ばす)の雄花は、花びらをつける必要がないので、雄しべだけが団子になった、まるでイモ虫のような奇妙な形をしています。 見慣れない花たちの姿も一緒にお楽しみください。
 
アカメガシワの花粉と雄花
アカメガシワの花粉と雄花
4.アカメガシワの花粉と雄花(2010年6月)


ご来場をお待ちしています!
 
Copyright (C) 2012 by Natural History Museum and Institute, Chiba. All rights reserved.