千葉県立中央博物館

千葉の県立博物館各館リンク
 
> 千葉県立中央博物館> 展示案内> 過去の企画展示> 平成24年度の企画展示 
おでかけ前に
 

おすすめコンテンツ

生態園房総のやまフィールドミュージアム千葉の県立博物館デジタルミュージアム
 
収蔵資料検索
 
メールマガジンのご案内中央博サークル
 

平成24年度に開催した企画展示


平成24年度に開催した展示会一覧

平成24年度の展示会は全て終了いたしました.

 
■科博コラボ・ミュージアムin千葉「恐竜アロサウルスとその時代の生き物たち」
(本館にて開催)


開催日時:H24年1月12日(木)~4月8日(日)  (終了しました)

ジュラ紀最大の大型肉食恐竜「アロサウルス」の全身骨格とアンモナイト,貝類,植物等の化石を展示します.

この展示会の内容紹介ページはこちら⇒

■関連行事
●ミュージアムトーク
平成24年4月8日(日) 
11:00~11:30,14:30~15:00 1日2回 事前申込不要


 
■生態園トピックス展「生態園の花粉」
(生態園オリエンテーションハウスにて開催・入場無料)


開催日時:H24年2月7日(火)~5月6日(日) (終了しました)

生態園にある代表的な植物について,花と花粉(光学顕微鏡画像)の組み合わせを写真で紹介します.ミクロの世界をお業しみください.

この展示会の内容紹介ページはこちら⇒

■関連行事
●展示解説
平成24年4月28日(土)
13:00~13:40 定員なし事前申込不要

●ミュージアムトーク
平成24年5月6日(日)
11:00~11:30,14:30~15:00 1日2回 事前申込不要


 
■春の展示「芽ばえ」
(第1企画展示室を中心に,本館にて開催)


開催日時:H24年3月17日(土)~5月27日(日)  (終了しました)

タネから発芽したばかりの小さな植物,芽ばえ.山野草や森の木々,果物などのさまざまな芽ばえのかわいらしい姿と特徴を紹介します.

この展示会の内容紹介ページはこちら⇒

■関連行事
●観察会「芽ばえと芽吹きウォッチング」
講師:国立科学博物館名誉研究員・八田洋章氏
会場:生態園および青葉の森公園(参加無料)
H24年4月29日(日祝) 13:30~15:30 中学生以上,当日先着30名

●講演会「芽ばえさまざま-形と生態の多様性-」
講師:大野啓一
H24年5月19日(土) 中学生以上,当日先着200名

●ミュージアムトーク
H24年4月14日(土)・28日(土),5月12日(土)・26日(土)
11:00-11:30,14:30-15:00 事前申込不要


 
■トピックス展「第3回 地球惑星フォトコンテスト 入選作品展示会」
(房総の地学・生物展示室前廊下にて開催)


開催日時:H24年4月21日(土)~6月17日(日) (終了しました)

第3回惑星地球フォトコンテストの入選作品を展示します.作品をとおして,私たちの星「地球」に対して興味や関心,愛着を持って頂ければ幸いです.

この展示会の内容紹介ページはこちら⇒


 
■生態園トピックス展「第9回生態園ギャラリー」
(生態園オリエンテーションハウスにて開催・入場無料)


開催日時:H24年7月3日(火)~9月2日(日) (終了しました)

来園の皆さんによる写真を展示する生態園ギャラリー.9回目は夏の生態園がテーマ.3回の撮影会を開き,夏休み中の来園者による投票で優秀作を選びます.

この展示会の内容紹介ページはこちら⇒

■関連行事
●ミュージアムトーク
平成24年8月18日(土)
11:00~11:30,14:30~15:00 1日2回 事前申込不要


 
■企画展「シカとカモシカ-日本の野生を生きる-」
(第1企画展示室を中心に,本館にて開催)


開催日時:H24年7月7日(土)~9月17日(月祝)  (終了しました)

ニホンジカとニホンカモシカは日本の野生動物を代表する2大草食獣! とっておきの標本・映像・写真と長年の研究成果をもとにかれらの野生の世界にせまります. 

この展示会の内容紹介ページはこちら⇒

■関連行事
●記念講演会「星野道夫と見た風景」
講師:星野直子氏
7月15日(日) 13:00~15:00 往復はがきによる申込抽選200名

●講演会「日本の野生を追う -クマ・サル-」
講師:松岡史朗氏・山崎晃司氏
7月29日(日) 13:00~15:30 当日先着200名

●講演会「縄文人・弥生人とシカとのかかわり」
講師:西野雅人氏・渡邊修一氏
9月9日(日) 13:00~15:30 当日先着200名

●講演会「ニホンカモシカを追って36年」
講師:落合啓二
9月15日(土) 13:30~15:30 当日先着200名

●講演会「徳川将軍の鹿狩と房総」
講師:筑紫敏夫
9月16日(日) 13:30~15:30 当日先着200名

●自然誌シンポジウム「どうする? 房総のシカと生物多様性保全」
共催:千葉県生物多様性センター
8月19日(日) 10:30~15:30 当日先着200名

●カモシカクイズ「この顔をさがせ!」
この企画展開催期間中の土・日・祝日 12:00~15:00 随時受付

●○×クイズ大会「めざせ! シカ博士・カモシカ博士」
7月21日(土)・8月15日(水) 13:30~14:30 当日先着100名

●体験イベント
○シカの骨パズルに挑戦!
8月5日(日)・9月1日(土)
13:30~14:15/15:00~15:45 当日受付 各回20名
○「鳴竹」つくりに挑戦
8月12日(日)
10:30~12:00/13:30~15:00 当日受付 各回10名
○ヤマビルとたわむれよう
7月28日(土)・9月2日(日)
13:30~14:15/15:00~15:45 当日受付 各回20名

●ミュージアムトーク
7月8日(日)・14日(土)・16日(月祝)・22日(日),8月4日(土)・12日(日)・26日(日),
9月8日(土)・16日(日)・17日(月祝)
11:00-11:30,14:30-15:00 事前申込不要


 
■秋の展示「おもしろ研究紹介」
(本館第2企画展示室にて開催)


開催日時:H24年10月6日(土)~12月2日(日) (終了しました)

博物館の学芸員はさまざまな専門研究をおこなっています.それぞれの分野の研究のおもしろさや最新の成果をいくつかご紹介します. 

この展示会の内容紹介ページはこちら⇒


 
■特別展「ティラノサウルス~肉食恐竜の世界」
(第1企画展示室を中心に,本館にて開催)


開催日時:H24年10月20日(土)~12月24日(月) (終了しました)

最新の発見と研究成果に基づき復元されたティラノサウルス全身骨格「パーフェクト・スタン」を大公開.全く新しいティラノサウルスを徹底解剖し,肉食恐竜のひみつに迫ります.

この展示会の内容紹介ページはこちら⇒

■関連行事
カルノタウルスの組み立て作業の公開
10月15日(月) 14:00~15:00 公開時間のみの限定開館(入場無料))

●記念講演会「恐竜フェスタ2012 in千葉」
11月23日(金祝) 13:00~15:00 当日先着200名

●体験イベント
○恐竜君のイラスト教室~恐竜を描いてみよう~
11月11日(日)  13:00~15:00 定員30名[事前申込抽選]
○恐竜折り紙教室
12月2日(日) 14:00~16:00 当日先着20組

●ミュージアムトーク 「ティラノサウルスについて」
10月20日(土),11月4日(日)・25日(日),12月23日(日祝)
11:00-11:30,14:30-15:00 事前申込不要

●土日祝日限定イベント 「突撃、恐竜調査隊!」
会期中の土日祝日
11:00~15:00 事前申込不要(当日随時受付)

 
■生態園トピックス展「ムカデとヤスデ」
(生態園オリエンテーションハウスにて開催・入場無料)


開催日時:H24年10月16日(火)~12月9日(日)  (終了しました)

たくさんの足で地面をはい回るムカデやヤスデは嫌われることの多い生きものです.そんな彼らの姿や意外な一面を分かりやすく紹介します.

この展示会の内容紹介ページはこちら⇒

■関連行事
●ミュージアムトーク
平成24年10月21日(日),11月11日(日),12月9日(日)
11:00~11:30,14:30~15:00 1日2回 事前申込不要


 
■トピックス展「牧野富太郎生誕150年記念展」
(本館生物展示室前にて開催)


開催日時:H24年11月16日(金)〜12月26日(水)   (終了しました)

牧野富太郎生誕150周年を記念して,千葉県の植物研究黎明期のようすを紹介します.

この展示会の内容紹介ページはこちら⇒


 
■トピックス展「世界最大のトド化石が発見されました!」
(本館2階ホールにて開催)


開催日時:H24年12月8日(土)〜12月24日(月・休) (終了しました)

当館職員が県内で発見した世界最大級のトドの下あごの化石を公開します.

この展示会の内容紹介ページはこちら⇒


 
■トピックス展「干支にちなむ −巳年−」
(本館2階ホールにて開催)


開催日時:H24年12月26日(水)~H25年1月9日(水) (終了しました)

平成25年の干支は「巳」.巳(蛇)にちなんで名前が付けられた動植物や化石・岩石,古文書に描かれた蛇などを展示します.
 
 
■第4回関東地区博物館協会共同企画展「水郷を旅する人々」
(本館第2企画展示室にて開催)


開催日時:H25年1月12日(土)~2月3日(日) (終了しました)

霞ヶ浦から下利根川流域に広がる「水郷」は,江戸時代から昭和に至るまで,文人墨客をはじめ,沢山の人々に親しまれた遊覧の地でした.この展示では,人びとの水郷遊覧の歴史と文人文豪の水郷ゆかりの作品を紹介します.

■関連行事
職員による展示解説
平成25年1月12日(土)・13日(日)・14日(月・祝)・19日(土)・20日(日)・26日(土)・27日(日),
2月2日(土)・3日(日)
11:30~12:00,14:00~14:30 1日2回 事前申込不要
 

 
出土遺物巡回展「 時空を超えて-市原市ちはら台の発掘ものがたり-」
(本館にて開催)


開催日時:H25年1月12日(土)~2月24日(日)  (終了しました)

千葉県内で出土した遺物の中から,歴史上注目される資料を選りすぐって展示します.

この展示会の内容紹介ページはこちら⇒

■関連行事
調査研究発表会
平成25年2月2日(土) 10:30~15:00(10:00受付開始) 当日先着200名

ミュージアムトーク
平成25年1月19日(土)・27日(日),2月9日(土)・24日(日)
11:00~11:30,14:30~15:00 1日2回 事前申込不要
 

 
■トピックス展「二五穴 −山をブチヌク用水路−」
(本館第2企画展示室にて開催)


開催日時:H25年2月16日(土)~3月3日(日) (終了しました)

トンネルをつないで山の中を走る、房総特有の灌漑用水「二五穴」.
二五穴を通して、地域で暮らす人々の歴史と知恵を紹介します.

この展示会の内容紹介ページはこちら⇒
 
■関連行事
ミュージアムトーク
 H25年2月17日(日) 11:00-11:30,14:30-15:00 事前申込不要


 
■トピックス展「博物館で梅見物!」
(本館2階ホールにて開催)


開催日時:H25年2月20日(水)~3月15日(金) (終了しました)

青葉の森公園では,毎年35品種1000本の梅が咲き誇り,多くの皆さんが見物に訪れます.
この春,博物館では館内でも「梅見物」をして頂こうと,当館所蔵の「梅」にまつわる浮世絵や古文書を特別公開いたします.

会期中の日曜日には先着100名に当館オリジナルグッズをプレゼント!!
H25年2月24日(日),3月3日(日),3月10日(日)に来館された先着100名の方に,初代歌川広重作『名所江戸百景』「亀戸梅屋鋪」の缶マグネットをプレゼントいたします.
 

 
■生態園トピックス展「写真でみる生態園のいきものたち」
(生態園オリエンテーションハウスにて開催・入場無料)


開催日時:H25年2月26日(火)~5月6日(月・休) (終了しました)

これまで撮りためられてきた,植物・昆虫・鳥・キノコなど生態園のさまざまな生きものたちの写真を一堂に紹介します.

この展示会の内容紹介ページはこちら⇒

 
 
春の展示「ナッツ&ベリー」
(第1企画展示室を中心に,本館にて開催)

開催日時:H25年3月16日(土)~5月12日(日) (終了しました)

ナッツはリスやネズミ,ベリーは小鳥に種子を運んで貰うために進化しました.人が食べてもおいしい,いろいろな木の実を紹介します.

この展示会の内容紹介ページはこちら⇒

■関連行事
体験イベント 「イチゴの食べくらべ」(協力:千葉県いちご組合連合)
 H25年3月23日(土),3月30日(土),3月31日(日) 13:00〜
 H25年3月24日(日) 15:00〜
 当日抽選40名.但し入場者のみ

ミュージアムトーク
 H25年3月24日(日) 11:00-11:30,14:30-15:00 事前申込不要


 
Copyright (C) 2012 by Natural History Museum and Institute, Chiba. All rights reserved.