千葉県立関宿城博物館

館間リンクホームへ
English
 
バナー
    

カスリーン台風は、昭和22(1947)年9月に発生し、房総半島をかすめながら北東に抜けました。その際に停滞していた秋雨前線を刺激したため、利根川上流部などに大雨をもたらします。この大雨は土石流災害や洪水土砂災害、破堤災害などにより大洪水となり、東京湾に流れ込みました。この水害は、終戦後の混乱期の関東地方に更なる痛手を与えました。 本展覧会では、当時の状況を写した写真をパネルで紹介するとともに、洪水のしくみなども紹介します。集中豪雨や台風などにより、未だになくならない水害について考えるきっかけになればと思います。

  
  
 カスリーン台風による被害 
主な決壊場所

 決壊地図

東村(利根川)決壊状況 渡良瀬遊水地周辺の決壊の決壊
写真①
②
幸手市の浸水状況 久喜市の浸水状況
③
④



 

2 復旧工事

 

 

決壊場所の締切工事機関車による土運搬(築堤工事)

⑤

⑥

 

3 近年の水害と防災
 

明治43の水害(明治期関東最大の水害) 
平成27年の水害
    (鬼怒川の決壊等の水害)

⑦
関宿スーパー堤防
      (高規格堤防=治水と土地の有効活用) 
 
水防演習の様子
 
⑨⑩

防水関係のしおり
利根川中流部浸水想定区域図
       (ハザードマップ)
 
⑪⑫